各種研究結果
ECOΣ(エコシグマ)・5KL実証プラント

ECO・Σは、

  • 物理的に短時間で低分子化します。
  • 水分80%の汚染汚泥も処理します。
  • 下水汚泥、漁業残渣、生ゴミ、稲ワラ、籾殻、木皮、木屑、一般ゴミなどの廃棄物を圧力釜で処理します。
  • 約20気圧、200℃の高温・高圧で処理します。
  • 廃棄物中に含まれる有害物質、塩分・重金属類を大幅に取り除きます。
  • 生成物中の有価物は細菌等完全に死滅させます。
  • 処理所要時間は45分/バッチです。
  • 水蒸気爆砕の原理でバイオマスが破裂するため、処理品は粒状です。
  • 含水率70~80%の汚泥は約72時間後には含水率が30%に低下となり、臭気も分解され、微生物なども除去され、良質の堆肥などの原料となります。
未来を切り拓く ECOΣ-Series
重金属類分類表
ECOΣ(旧MMCE)
測定DATA
元素
記号
記号/
単位
試料
下水汚泥
処理後
含有量
分離
隔離量
軽減率
(%)
総水銀 mercury Hg mg/kg 0.45 0.0007 0.4493 99.8%
カドミウム cadmium Cd mg/kg 0.98 0.03 0.95 96.9%
砒素 arsenic As mg/kg 3.00 0.03 2.97 99.0%
copper Cu mg/kg 129.00 30.00 99.0 76.7%
亜鉛 zinc Zn mg/kg 547.00 66.00 481.0 87.9%
lead Pb mg/kg 17.00 0.03 16.97 99.8%
塩素 chlorine Cl % 5.50 0.25 5.25 95.4%
セシウム   Cs mg/kg ? ? ? 未測定

東京工業大学総合理工学研究科:生成した固体と液体中の重金属を測定固体は王水分解により前処理を行い「ICP」にて測定を行った。セシウムCsについては、未確認である
ECOΣ(エコシグマ)による下水道汚泥処理の肥効成分・分析値の比較(当社比)
分析項目 処理前 処理後
    ECOΣ コンポスト方式(A社)
(漁業残渣と汚泥を混合)
コンポスト方式(B社)
(もみ殻と汚泥を混合)
全窒素 7.7% 0.99% 7.5% 6.4 %
P2O5 4.7% 0.59% 4% 3.5 %
K2O 0.47% 0.1% 0.92% 0.59 %
MgO 0.52% 0.36% 0.51 %
CaO 0.87% 3.3% 0.92 %
Na2O 0.11% 0.61% 0.11 %
炭素 49.7% 53% 46 %
有機物 86% 89% 87 %
アルカリ分 1.6% 3.4% 1.6 %
総水銀 0.45 mg/kg 0.0007 mg/kg 0.11 mg/kg 0.19 mg/kg
カドミウム 0.98 mg/kg 0.03 mg/kg 0.5 mg/kg 0.5 mg/kg
ひ素 3 mg/kg 0.03 mg/kg 2.4 mg/kg 2.4 mg/kg
129 mg/kg 30 mg/kg 36 mg/kg 27 mg/kg
亜鉛 547 mg/kg 66 mg/kg 140 mg/kg 260 mg/kg
ニッケル 13 mg/kg 20 mg/kg 11 mg/kg
17 mg/kg 0.03 mg/kg 5 mg/kg 5 mg/kg
全クロム 0.1 mg/kg 7.6 mg/kg 9.8 mg/kg
塩素 0.52 %
含水率 84% 50% 12.7 % 24.6 %
シアン化合物 0.1%
PCB 0.0003%

 

ECOΣ(エコシグマ)・技術編
取扱製品

日本グリーンパワー株式会社

本社:東京都豊島区西巣鴨3-26-1
東京日本橋営業所:
東京都中央区日本橋1-2-10東洋ビル5階E
支社:岡山県浅口市鴨方町小坂西1600-1
電話番号:03-4588-2764
FAX番号:03-5944-5491